医者

ズキンと走る衝撃|頚椎椎間板ヘルニアを治療しましょう

ヘルニア治療に新技術

病院

腰痛の代表的な原因

腰痛は日本人の10人に1人が悩んでいると言われている病気ですが、その腰痛の代表的な原因に挙げられているのが椎間板ヘルニアです。椎間板とは脊椎を構成する椎骨の間にあってクッションの役割を果たしている軟骨部分です。外側は繊維状の組織に覆われており、中をゼリー状の髄核が満たしています。この髄核が加齢や肉体作業による負荷によって外に飛び出してしまい、神経を刺激するのが椎間板ヘルニアです。椎間板ヘルニアは軽症の場合は自然治癒することが知られているため、症状が痛み程度の場合は保存療法による治療が行われます。日常生活に支障を来す程度の場合は手術が行われますが、最近は内視鏡を用いるなど低侵襲の手術が主流になりつつあります。中でも今後普及が進むものと考えられているのがレーザー治療です。

日帰り手術も可能

椎間板ヘルニアに対するレーザー治療は正式名称を経皮的レーザー椎間板減圧術といいます。英語の頭文字を取ってPLDDという略称で呼ばれることもあります。レーザー治療は、身体への負担が非常に軽いことから人気があります。施術に当たってはメスによる切開を必要とせず、針穴程度の小さな穴を穿つだけです。その穴から極細のファイバーを挿入し、椎間板にレーザーを照射して髄核の一部を熱で蒸散させます。すると椎間板内部の圧力が減り、外に飛び出した部分が引っこむようになります。レーザー治療は事前準備と事後の安静期間を含めても半日程度で治療が終わります。そのため最短の場合は日帰り治療が可能です。また麻酔も局所麻酔のみで対応できます。